山に染む

ひとりで楽しむアウトドア。登山・キャンプ・車中泊・アレコレ

後山~駒の尾山(岡山県)令和最初の登山は岡山県最高峰

こんばんは。sasamiです。
 
GWに岡山県の後山へ登ってきました。
休み前半は雨や曇りの予報でしたので、晴れの日を狙って、5月2日に登ることにしました。
1日に現地入りして車中泊、2日の早朝から登ります。
 

後山(うしろやま)

後山は岡山県最高峰の山で標高は1344m。修験道の山でもあり、今でも女人禁制の場所があります。兵庫50山、近畿百名山、中国百名山。
 

駒の尾山(こまのおやま)

駒の尾山は標高1280.7mで、岡山県第二位の山です。
 

後山~舟木山~駒の尾山を縦走

今回の山行は、後山キャンプ場に車を止めて谷沿いに登り、まず舟木山を目指します。
舟木山から後山へ登頂、後山から引き返して駒の尾山まで縦走。美作側の駒の尾登山口へ下山し、最後は林道歩きで後山キャンプ場まで戻る予定です。
 
 

後山キャンプ場から山行開始

後山キャンプ場に車を止めて、登山の準備をします。
 

GWなので人が多いかと思ったら、前日に雨が降ったからかキャンプしてるのは一組だけでした。

トイレが不安でしたが、ちゃんと水洗でしたよ。
 
駐車場から来た道を少し下ると、登山口があります。
ここから谷沿いに登っていきます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507202859j:plain 

はい。テンプレ。

 

f:id:sasami_to-rino:20190507202910j:plain


昨日は雨が降ったせいか、水量が多いですね。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507202947j:plain

登山道は石がゴロゴロした歩きにくいです。浮き石も多いので気を付けて歩きます。
水音がすごい。クマ鈴の音もかき消される~。
ついキョロキョロしてしまいます(笑)
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203007j:plain

二度ほど沢を横切ります。
これがまた水量が多くて怖い。流されたりはないと思うけど、滑ったら確実に靴の中に水が入る深さ。やだなぁと慎重に渡ります。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203036j:plain

そんな感じでしばらく歩くと、道は沢から離れていきます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203104j:plain

尾根道まで登りが続きます。
 

杉の植林された九十九折の薄暗い道を歩いていると、何かの動物の糞がありました。熊じゃないよなぁ(見た目は犬の糞て感じ)と思って歩いていると、いきなり上から石が落ちてきました。

けっこうな勢いで目の前を落ちていき、かなりビックリしました。
 
上に何かいるのかと、しばらくじっと立ち止まっていましたが、何の気配もありません。何なのだったのでしょう。
 
杉の植林の道は薄暗く、何か嫌だなぁと思いながら歩き始めます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203139j:plain

 
尾根道に出ました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203247j:plain

ここから舟木山分岐点までほぼ一直線の登りが続きます。
傾斜は緩いのですが、これが地味にしんどい。
せめて展望でもあればと思うのですが…稜線に出てからのお楽しみですね。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203342j:plain

 
そして昔作られたと思われる階段の残骸トラップが至るところに…。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203405j:plain

木段を留めていたらしき金属↑。木段はもう無くなって、金属の輪っかだけが残っています。
これに二度ほどつまづく(笑)
 
頑張って歩いてると展望が開けました。
舟木山分岐が見えてきましたよ。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203545j:plain

やったー!こーいう景色が見たかったのですよ。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203603j:plain

山歩きはこうでなくっちゃ!
 
ここからは大好きな稜線歩きです。
分岐から少し行くと舟木山山頂です。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203640j:plain

さらに後山に向けて歩きます。
 
一旦下って登り返します。先に見えるのが後山。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203704j:plain

 
80mほど登って後山山頂へ到着しました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203740j:plain

これは岡山のしか写ってないけど、岡山県と兵庫県、それぞれの山頂標識が立ってます。
ちなみに兵庫県では3位の高さでしたっけ?
 

f:id:sasami_to-rino:20190507203902j:plain

後山から南側の眺望。後山地区の集落が見えます。

 

f:id:sasami_to-rino:20190507203917j:plain

こちらは北東になるのかな?

後山山頂は以外と狭いです。
祠らしき建物はブルーシートで覆われてました。
少し休憩して、また来た道を戻ります。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204055j:plain

そういえばまだ誰とも出会ってないですね。
GWだからと早く登り始めたのもありますが、だいたい一人くらい同じような物好きがいるもんなんですけどね~。
 
来た道を舟木山分岐まで戻ります。
 
分岐をそのまま直進して、駒の尾山へ向かいます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204155j:plain


登ってすぐの頃はガスが少しかかってましたが、日が高くなるとどんどん晴れてきました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204250j:plain

 
南は日名倉山、北は氷ノ山がよく見えます。

 

f:id:sasami_to-rino:20190507215430j:plain

コレ、氷ノ山?(違ってたらスミマセン)
 
しかし楽しい縦走路ですね~。
そして全く人がいない。G.Wだってのに素晴らしいです。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204323j:plain

背の高い笹の道。
私は158㎝だけどそれよりも高いです。
 
なんか岡山の登山道って感じの道が続きます。
広島とは微妙に違うんよね。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204357j:plain

鍋ヶ谷山。標高は1253mです。

なだらかな登山道上にいきなり立ってます。そして真っ二つ…。

 

f:id:sasami_to-rino:20190507204418j:plain

いいね~。気持ちいいね。
爽快な登山道が続きます。
途中、単独の男性とすれ違いました。この日、初めて会った登山者です。

f:id:sasami_to-rino:20190507204438j:plain

小さいピークをいくつか超えていきます。
駒の尾山が見えてきましたよ。

f:id:sasami_to-rino:20190507204456j:plain

駒の尾山が近づいてきました。
避難小屋の屋根が見えます。

f:id:sasami_to-rino:20190507204516j:plain

避難小屋です。クマ…。
夜とか周囲を徘徊されたら怖いだろうなぁ…。

f:id:sasami_to-rino:20190507204531j:plain

そこそこの広さです。薪を燃やせる囲炉裏?もありました。
ただ残念なのが、小屋の入り口すぐ横に人糞と散乱したトイレットペーパーが…。
トイレがないから仕方がないとは思うけど、正面口に…せめて裏でするとかあるでしょうに。
そして埋めてください。そのままとか信じられん。
 
気を取り直して登山道。
あともうちょっと…!
 

f:id:sasami_to-rino:20190507204550j:plain

 

駒の尾山山頂です。広い!

 

f:id:sasami_to-rino:20190507205521j:plain

 
そして、お昼ご飯。
相変わらずのコンビニ飯。たまごサラダ大好物なのです。
とりあえず、おにぎりに地域色のあるものをということで、大山どりのおこわをチョイスしてみました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205652j:plain

 
北側の眺望。これはダルガ峰ですかね?
遠くにあるのは扇ノ山?
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205542j:plain

 
東側。歩いてきた道と山々が見えます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205557j:plain

 
三角点を撮ってみたりして遊ぶ。

f:id:sasami_to-rino:20190507205623j:plain

さて、そろそろ行きますか。
この分岐をまっすぐ進みます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205709j:plain

下るのがもったいない感じです。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205729j:plain

南側に下っていきます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205751j:plain

右にふり返ると、後山からの稜線が一望できます。
 
こんな感じの、広すぎる登山道を下っていきます。
道が広くて逆に間違えそうです。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205817j:plain

植林のどこにでも下れそうな登山道がしばらく続きます。

下手に左に逸れると谷に迷い込みそうです。濃霧時は注意かも。

足元をよく見てうっすら残る木階段から逸れないように。

 

林道竹の頭線が見えてきました。

この辺りはきれいに整備された植林地ですが、薄暗くてジメジメしてます。

 

f:id:sasami_to-rino:20190507205837j:plain

 
林道に出ました~。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205851j:plain

地図を見たら、この林道を横切ってもっと下れそうでしたが…。
今回は林道を歩くことにします。
 
この花は何の花?ていうか花なの?群生してました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205908j:plain

こんな感じの林道をひたすら歩きます。
ちょっと膝が痛くなってきたので、靴ひもを緩めました。
やっぱ太るとだめだねぇ。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205921j:plain

こも林道歩きが意外と長く感じました。
日陰もあまりなく、今の季節だからいいけど、夏場はヤバいですね。
 
滝とかを見つけて気を紛らわしながら歩きます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205934j:plain

 
見上げると、新緑がきれい。葉っぱが半透明でキラキラしてます。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507205947j:plain

車を置いた後山キャンプ場の駐車場へ戻ってきました。
 

f:id:sasami_to-rino:20190507202754j:plain

朝は一台しか停まってなかった車が、この時間はたくさん。
ソロキャンプらしき人もいました。私もキャンプした~い。
 

山行を終えて

ずっと歩きたかった後山から駒の尾山の稜線を歩けてとても楽しかったです。
結局この日は単独男性一人とすれ違った以外、誰とも会わず…。
まぁ静かな山歩きが好きな私としてはラッキーでしたが。
この山はルートを色々考えられそうなので、また登りに来たいですね。
 

山のデータ

 【トイレ】

 今回の登山口付近にある後山キャンプ場にあります。水洗です。

【コンビニ等】
 周辺にコンビニやスーパーはありません。

 ファミリーマート大原古町店(約12㎞20分)

 ローソン千草黒土店(約12㎞20分)

 道の駅あわくらんど(約18㎞30分)

【駐車場】
 今回の登山口付近にある後山キャンプ場にあります。登山者も利用可。

【その他】
 一番近い立ち寄り湯はあわくら温泉です。

 ・あわくら温泉黄金泉10:00~21:00 火曜休 大人700円

 ・あわくら温泉元湯  15:00-22:00 水曜休 大人500円

 ・国民宿舎あわくら荘11:00~20:00 大人500円

  後山キャンプ場へ行く道は通行止めとなっている場所が多いようなので、事前に調べた方が無難です。私は国道429号から「愛の水」がある道経由で行きました。
 
 

山の記録

合計時間: 5時間35分(休憩含む)
歩行距離: 11.48km
最高点の標高: 1347m
最低点の標高: 696m
累積標高 (上り): 1146m
累積標高 (下り): 1158m