山に染む

ひとりで楽しむアウトドア。登山・キャンプ・車中泊・アレコレ

火ノ山~陶ヶ岳(山口県)登って下って登って下って

こんにちは、sasamiです。

4月4日から4連休が取れたので、山口県まで山を登りに行ってきました。

山口遠征の2日目は山口市にある火ノ山連峰を縦走します。

 

数年前、山陽本線に乗って旅してたときに車窓から独特な形をした連山を見つけました。

あれって端から端まで歩けるんじゃね?とすぐに調べると火ノ山連峰と言って、どうやら縦走できるとのこと。

いつか歩きたいなぁとずっと思っていたのでした。

 

火ノ山連峰

火ノ山連峰は山口県山口市秋穂にあります。

12座の峰が南北に連なり、ミニ八ヶ岳とも呼ばれています。

最高峰は火ノ山の303.6m。

標高は200~300mと低いですが、岩場もあり、アップダウンの繰り返しでけっこうしごかれますよ。

 

セミナーパークから火ノ山~陶ヶ岳を縦走

今回はセミナーパークの第5駐車場に車を停めて、亀山登山口から登り陶ヶ岳登山口に降りて駐車場に戻る周回ルートを歩きます。

 

セミナーパークの第5駐車場から登山開始

第5駐車場にはトイレがありますので行っておきましょう。

そこで準備を済ませ、亀山登山口へ向かいます。

亀山登山口はセミナーパークの裏手にあります。

f:id:sasami_to-rino:20190414121102j:plain

最初はのんびり里山ムードでしたが、だんだん急登になりロープを補助として登ります。

しかもなんかザレてて滑りやすそう…。

f:id:sasami_to-rino:20190414113929j:plain

亀山の岩壁が見えてきました。

f:id:sasami_to-rino:20190414113900j:plain

相変わらず高所恐怖癖発動中ですが、なるべく考えないようにして、足元と行先だけを

見て登ります。

上から見たらこんな感じ。セミナーパークが見えます。

f:id:sasami_to-rino:20190414114349j:plain

ひーひー言いながら亀山山頂に到着です。

f:id:sasami_to-rino:20190414114526j:plain

亀山から南方向を望む。里と海の風景にほっこりする。

f:id:sasami_to-rino:20190414114636j:plain

亀山から次の遠下山へ向かいます。
が、下りが急です。

そして目の前にはあれを登り返すのね…とちょっと心折れそうな遠下山への直登の道が見えます。

f:id:sasami_to-rino:20190414141045j:plain

というか、火ノ山連峰はすべてこの繰り返しでしたわ。

まぁ遠くから見た山の形を考えれば仕方ないわな~。

とにかく南から北に直進に縦走…巻き道はございません!

遠下山

f:id:sasami_to-rino:20190414114658j:plain

遠下山から梅ノ木山へ。

f:id:sasami_to-rino:20190414121744j:plain

梅ノ木山

f:id:sasami_to-rino:20190414121924j:plain

 

梅ノ木山からまたまた下って登り返し、火ノ山へ向かいます。

火ノ山へ上る途中の岩場から、歩いてきた梅ノ木山方向を見てみます。

f:id:sasami_to-rino:20190414122036j:plain

右にある岩に結ばれたピンクリボンが紐パンツに見えてしょーがない。

岩場を慎重に登って、最高峰の火ノ山へ到着です。

f:id:sasami_to-rino:20190414122723j:plain

f:id:sasami_to-rino:20190414123145j:plain

山頂には祠が2つ。そして何故か日の丸。

展望は良いのですが、イマイチ落ち着ける場所がないので、陶ヶ岳へ向かいます。

陶三の岳

f:id:sasami_to-rino:20190414123418j:plain

陶二の岳

f:id:sasami_to-rino:20190414123235j:plain

なんか見えてきた!

f:id:sasami_to-rino:20190414123339j:plain

陶一の岳

f:id:sasami_to-rino:20190414123454j:plain

 

ところでこの陶ヶ岳の陶って陶晴賢とかの陶氏に関係あるんでしょうか?

近くには右田ヶ岳ってのもあるけど、あれは右田氏?

そんなことを考えてながら山を歩いてみる。

山陽の低山はほとんどが何らかの城跡だったりするから、歴史と絡めて考えると面白いですよ。

さて。

陶ヶ岳山頂へ登る前にさっき見えてた場所へ行けるようなので行ってました。

f:id:sasami_to-rino:20190414123547j:plain

なんだこのタイヤ…。夏は薮蚊の産卵場になりそうですね。

f:id:sasami_to-rino:20190414142033j:plain

ここはロッククライミングの場所だそうで。

今日は誰もいませんでしたが。

そして陶ヶ岳(観音山)へ登ります。

f:id:sasami_to-rino:20190414123724j:plain

山頂は広いですが、岩がゴロゴロです。

f:id:sasami_to-rino:20190414123759j:plain

展望は360℃、なるべく端っこに寄ってみますが怖いです。股の間がスースーする…。

f:id:sasami_to-rino:20190414142137j:plain

ここでお昼ごはんにします。

メニューはコンビニおにぎりとコンビニ手巻き寿司です。映えないので写真はありません。

上から見ると火ノ山連峰はコンパクトな山だなぁと思います。

麓の住居が近い、というか…。

広島も低山ばかりですが、なんか山が深いんですよね。うまく言えませんが。

しばらくボーッとします。

ふと気付くと離れたところに人が休んでてビックリしました。

昨日からあわせて登山中に初めて会った人です。

また、下の方から賑やかな声が聞こえてきたので、そろそろ降りることにします。

 

これがまた急な下りでした…(もはや写真もないw)

下りきったら大内桜がある場所に出ました。

f:id:sasami_to-rino:20190414123916j:plain

桜餅なぞ食べながらプチお花見。

f:id:sasami_to-rino:20190414123945j:plain

ここからは九十九折となり傾斜は緩くなり、ハイキング気分で歩けます。

f:id:sasami_to-rino:20190414124137j:plain

しばらく歩くと陶ヶ岳登山口に出ます。

車道を少し歩いて、車を停めた第5駐車場に戻りました。

朝は少なかった人も、この時間にはお花見客でいっぱいでした。

 

山行を終えて

ずっと気になってた山をやっと登ることができました。

低山コンパクトな山ですが、やはり登り下りの連続はしんどいですね~。

でも眺めが良いので楽しめました。

 

山のデータ

【駐車場】
 セミナーパーク第5駐車場他
【トイレ】
 第5駐車場に水洗トイレがあります
【コンビニ等】
 間近にはありませんが、車で5分くらいの場所にローソンとセブンがあります。
【その他】
 駐車場には自販機があります

 

山行の記録

 

合計時間: 3時間38分(休憩含む)
沿面距離: 5.78km
最高点の標高: 304m
最低点の標高: 13m
累積標高 (上り): 662m
累積標高 (下り): 664m