山に染む

ひとりで楽しむアウトドア。登山・キャンプ・車中泊・アレコレ

大浦崎キャンプ場でソロキャンプ その2

どうも、こんばんは。sasamiです。

3月12~13日に大浦崎キャンプ場でソロキャンプをしたお話の続きです。

 

www.yamanisomu.com

大浦崎キャンプ場でソロキャンプ2日目

さて、何だかんだでしっかり眠りまして。

夜明け前に目が覚めました。

せっかくなんで、展望台があると思われる「おうら 睦みの鐘」へ行ってみることにします。

 

なにやら悲恋のいわれのある場所のようです。

情島に住んでいた治作という若者が、ある年の波多見の盆踊りで、お浦という娘を見そめた。二人は毎日のように逢瀬を楽しんでいたが、それを気に入らない波多見の若衆が、ある夜二人を取り囲み、治作に「情島へ帰れ。もう二度と来るな」と迫った。若衆の語気に驚いた治作は、その場から逃げ出したが、若衆は治作を追いかけた。
岬の上に追いつめられた治作は、足を滑らせ海へ落ちてしまった。翌朝、治作の遺骸が浜辺に打ち上げられた。お浦は嘆き悲しみ、その夜に治作の落ちた岬から身を投げて死んでしまった。無惨な結果に波多見の人々は自らの行為を後悔し、岬の上に祠を建てて二人の霊を弔ったという。その後、この岬は「お浦の鼻」と呼ばれるようになった。

 

山頂には鐘がありました。

 

f:id:sasami_to-rino:20190330123241j:plain

 

思ったほどの展望でもなかったので、浜に降りて散策することにしました。

 

f:id:sasami_to-rino:20190330123301j:plain

 

キャンプではこの日の出を見るのも楽しみの一つなんですよね。

 

f:id:sasami_to-rino:20190330123320j:plain

 

ゆっくりと開けていきます。

今日も晴れそうです。

 

f:id:sasami_to-rino:20190330123340j:plain

 

サイトに戻って朝ごはんです。

だいたいいつもパンとコーヒーとスープ。

なるべく料理しないような皿が汚れないようなメニューにします。

女子のかけらもない。いいの。おばさんだから。

 

f:id:sasami_to-rino:20190330123416j:plain

 朝から火遊びは楽しいなぁ。

風がなかったので焚火台を使います。

焚火台だと大きい薪も燃やせるからいいんだよね。

家の植木の剪定ででた枝を乾かしたもの、やっと処分できましたわ。

もうね、今年も剪定したから去年のは早く燃やしたかったんだよね~。

 

特にすることもないのでのんびり読書をします。

ここ釣りとかする人にはたまらんキャンプ場なのかな?

そのわりに釣りをしてる人いないけど。

 

近くのグラウンド?ではラジオ体操が始まったり、なにかのスポーツが始まったり、井戸端会議が始まったりと、相変わらず賑やかなキャンプ場です。

呉のうどんを食べに行きたかったので、昼頃に撤収、帰路についたのでありました。

 

 

大浦崎キャンプ場概要

使用料:一人1日 200円 一泊2日なら400円

※呉市大浦崎スポーツセンターで受付が必要です(電話0823-51-2325)

休館日:年末年始(12月29日~1月3日)

駐車場:60台(普通車,身障者用 2台含む)※7月から8月まで有料

キャンプ場内に車の乗り入れはできません。搬入時も入れません。

キャンプ施設:水洗トイレ、シャワーあり。炊事場あり。

買い物:車で約5分の場所にセブンイレブン 安芸音戸波多見店、ウオンツ。約10分の場所にスーパー藤三。

立ち寄り湯:瀬戸内オーシャンスパ 汐音 10:00~22:00(水休)大人430~800円

その他:公園内の木を伐採した後の薪が置いてあることがあり、自由に使ってよいそうです。

キャンプ場と公園の区切りが全くないので、夏は海水浴客、休日は子供の遊び場になりそうです。その時期は絶対、ソロキャンはやめたほうがいい場所ですね。